社会福祉総合相談の藤サービス

介護、後見制度、就労相談、資格取得のご相談にも対応致します。 また、福祉に関する事業のご相談もお受け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達臨床連続講座のお知らせ

白梅学園大学の堀江さんからの情報です。

■特別支援教育に関して以下のようなゼミ講座を開催しています。

*定員に限りがありますがよろしかったらご参加ください。
ゼミ形式でじっくり議論する講座にしてあります。
参加費は無料です。必ず事前の申し込みをお願いします。
いずれも、2:00~4:00、
会場は、新宿西口徒歩7分のビル愛美堂ビル7階。


■ 第1回 2月15日(日)←日にちを変更のため、第一回ですが2月ですので
  お間違えのないようにお願いします)

「発達障害のある人の少年事件と教育の課題」
 -特に、性的被害・トラブルとその支援をめぐってー
   関哉弁護士

*関哉弁護士は知的障害児の性被害事件浦安事件などを
担当しています。今起きている事件などについても
取り上げ、私たちができる支援とはなにかを考えたいと
思います。
===
■第2回 1月17日(締切ました)
===
■第3回 1月31日(土)

「発達障害の子どもの非行と危機支援」
 -医療少年院の実践からー
  桝屋二郎(神奈川医療少年院・精神科医)
  小保方晶子(白梅学園大学・非行心理学)

*桝屋医師は神奈川医療少年院で、小保方さんは県警察の
少年センターで、それぞれに発達障害のある人たちの
非行や危機への支援を行っています。それぞれから見える
課題について考えてみようと思います。
=== 
■第4回 2月7日(土)

「地域の小学生の障害理解啓発のための親キャラバン隊活動」
ー特別支援教育コーディネーターに期待したいこと
  原智彦(あきるの学園特別支援学校・主幹)

*あきるの学園では、親と教員の皆さんが一緒になって地域の理解啓発
活動に取り組んでいます。特に地域の小学生や民生委員、市民のための
親キャラバン隊では「しょうがいを理解するためのワークショップ」を
実践。活動が目指すもの、どうすればそれができるのか、を伺います。
キャラバン隊のDVDも上映します。
====

■第5回 2月14日
 *この回のみ、会場は別会場になります(代々木研修室)。
  申込の方に、地図をお送りします。

「発達障害のある人の医療機関受診支援を考える」
ー特別支援学校の養護教諭に期待したいことー
  大屋滋(旭中央病院医師・千葉県自閉症協会)
  小林美由紀(白梅学園大学・小児科医)

*大屋さんは医師であり自閉症児の親。地域の一般医が発達障害の
ある人を受診するための支援方法やグッズの開発を進めてきています。
今回は、「支援グッズ一式」を実際にみなさんに見ていただき、
どうやって使うのか、ワークショップを行いながら解説します。
ぜひご参加ください。

ご希望の方は当方にメールもしくは白梅学園大学にお問い合わせ下さい。

スポンサーサイト

テーマ:発達障害 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fujiservice.blog41.fc2.com/tb.php/426-a20809a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。