社会福祉総合相談の藤サービス

介護、後見制度、就労相談、資格取得のご相談にも対応致します。 また、福祉に関する事業のご相談もお受け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中福祉・低負担

ある新聞に、「中福祉・低負担」という記事がありました。
社会保障における国の財政と利用する側の負担のバランスに起因する話題です。
国の一般会計が借金に頼っているのに、より良いサービスの提供を公的なものに頼っていて成り立つのだろうかという内容です。
「国民の痛み」という表現で投げかけられています。
政治に対する不信感、将来に対する不信感、様々な懸念が渦巻いています。
少なくとも「少ない負担で、高福祉を!」という時代ではないのではとも書かれています。
ということで、現状の「中福祉・低負担」とうたわれています。
それぞれ状況に見合った負担のあり方が問われているようです。
自分に合ったニーズおよび選択の仕方、そして自己防衛、自己責任を良く考える必要があると思います。

何が必要か?
「自分(国民)の痛み」の把握、まずはそこから一緒に考えましょう。
スポンサーサイト

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fujiservice.blog41.fc2.com/tb.php/14-bd8d44d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。