社会福祉総合相談の藤サービス

介護、後見制度、就労相談、資格取得のご相談にも対応致します。 また、福祉に関する事業のご相談もお受け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコールの力

私はお酒を嗜みます。
お酒の席での楽しい思い出は
たくさんありますし、
仕事の潤滑油として活用もしています。

一方では、支援している方をアルコールの問題で
亡くしたことがありますし、
アルコールの問題を抱えている方を今でも
支援しています。

私はきっと今夜も晩酌を楽しみます。
アルコールの力を考えながら・・・
スポンサーサイト

夢を想い描く

若い方から開業のご相談をお受けすることがあります。
私はいつも、最初にその方の夢をお聞きすることから始めます。

実現可能かは別として、自分なりに
何かイメージを描けているかは
開業に必要なことだからです。

私に夢を語って頂ける方、お待ちしております。

当事者の理解

先日、しょうがい当事者の方々と
成年後見制度についての
グループワークを行うことができました。

はじめはヘルパーと後見人の違いが
わからない等々ありましたが
最終的には自分達にとって
有用な仕組みであることを
理解して頂けたようでした。

支援事業者の方がわかりやすい具体例の資料を
準備できたことも良い結果に結びついたと
思います。

利用する側に理解しやすい制度で
ありたいものです。

テーマ:障害者の自立 - ジャンル:福祉・ボランティア

夜の電話相談お受け致します。

有料ですが、夜間の電話相談を
お受け致します。
秋の夜長のお話し相手も致します。
会員制となりますので、事前登録が必要です。
ご興味やご希望ある方はご一報下さい。

簡易的な安否確認サービスとしての
ご利用も可能です。

テーマ:福祉のプロを目指す - ジャンル:福祉・ボランティア

情報発信

この時期になると、来期に向けた
計画を立て始めます。
今年度からの事業に関しては
進化を目標にしています。
情報発信としてwebの充実も
考えていますので
お楽しみにして頂きたいと
思います。

第三者評価

第三者評価の今年の仕事が動き出しました。
利用者調査で、特養へお邪魔してきました。
従事経験者でもありますので、介護の現場への
色々な思いはありますが、
調査はあくまでも醒めた目で行います。
場面観察では、ゆっくりと様子を見せて頂けました。
お客様に良い評価ができたと言って頂けるよう頑張っています。

テーマ:老人ホーム - ジャンル:福祉・ボランティア

あしたの放映です

あした9日の18時10分からNHKの首都圏ネットワークで
特集として一緒に見守りネットワークづくりを行っている
地域包括支援センターの取り組みが紹介されます。
是非ご覧下さい。
ご参考までにブログをご紹介致します。

包括支援センター

テーマ:地域包括支援センターの話 - ジャンル:福祉・ボランティア

ぷらり・・・

以前ご紹介致しました
しょうがい当事者の方の取り組みです。
自分たちのためのバリアフリーマップづくりを
地元大田区で始めました。
私も微力ながら応援しています。
是非、ホームページをご覧下さい。

ぷらり

テーマ:誰もが住みよい街つくりv( ^-^ )v - ジャンル:福祉・ボランティア

路上生活者関連のセミナーのお知らせ

私が少しだけ参加している会のセミナーのお知らせです。
以下ご確認下さい。

第一回ホームレス問題の授業づくりセミナーのご案内

 いま日本各地で、子ども・若者たちによる「ホームレス」への襲撃事件が起こっています。
 格差と貧困・福祉の切り捨てが進む中、多くの人が安心できる「ホーム」を失い、「ホームレス」となりました。しかし多くの大人は「自己責任だ」「怠け者」という差別と偏見の視線を投げ、それを感じた子どもたちがストレスのはけ口を求めて襲撃しています。学校はこの現状を無視して、授業で取り上げようともしてない・・・このような社会のあり方を変え、あらゆる命・人権を尊重する、「ホームレス」も子どもも若者たちも安心して生きていける社会を実現するためには「ホームレス問題の授業」を至急、教育の現場で実践していくことが必要であると私たちは考えます。
 「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」は、これまで「ホームレス」問題にかかわりながら、支援者、ジャーナリスト、学校教員等、それぞれの立場から学校での「ホームレス問題の授業」に取りくんできた有志の集まりです。私たちは、今、学校で実践したい授業を実施し、互いに分かち合い、その成果を全国に発信するために、第1回の全国セミナーを開催します。
ぜひ多くの方に参加していただきたく、ご案内申し上げます。

主催:ホームレス問題の授業づくり全国ネット
 呼びかけ人:生田武志・北村年子・清野賢司・飯田基晴(映像ジャーナリスト)
 http://www1.odn.ne.jp/~cex38710/class-homeless.htm

日時:2008年11月24日(月・振替休日) 9:30~16:40

会場:豊島区立生活産業プラザ多目的ホール
  (電話:03-5992-7011 東京都豊島区東池袋1-20-15 池袋駅東口下車徒歩5分)


タイムテーブル

 9:30~10:30総会
 10:50~16:40授業作りセミナー
  『数字を足したら100になる』アイスブレイク
  『クイズ・どうして生活しているの?』
   (1)考えてみよう……「カマやん」4コマ漫画から
   (2)How Much?……ラインクイズ
  『なぜ野宿になるの? ~社会の構造を知ろう~』
  『私たちのくらしと‘ホームレス’』
   (1)『何か変だな』フォトランゲージ
   (2)『シェルター建設をめぐって』ロールプレイ
  『当事者に聞いてみよう』インタビュー
  『「ホームレス」襲撃事件はなぜ起こるのか?』
   (1)野宿者を襲う子どもたち
   (2)「なぜ?…野宿者襲撃・いじめ」ウェビング
  『わたしにぼくにできること』ふり返り

<実際にワークショップ形式の授業として行い、申込み先着40名まで「生徒役」で参加できます>

講師
・生田武志 (野宿者ネットワーク 著書『ルポ最底辺―不安定就労と野宿 』ちくま新書ほか)
・北村年子 (フリージャーナリスト 著書『大阪・道頓堀川「ホームレス」襲撃事件』太郎次郎社ほか)
・清野賢司 (東京都教員 NPO法人TENOHASHI事務局長 中学校社会科公民的分野教科書執筆者)
・他に、路上生活当事者・「ホームレス」問題の授業を実践している先生が講師を務めます。

申込み
 氏名・連絡先(できればメッセージも)を明記の上、下記にお申し込み下さい
  メール homelessmondai@yahoo.co.jp
  電 話 090-8795-9499(野宿者ネットワーク)
  FAX 03-3389-0675
 (締め切り/11月20日・木)

参加費 1000円(会場にて集金)

テーマ:私たちにできること - ジャンル:福祉・ボランティア

高齢者安心電話

10年以上に亘り、東京都が行ってきた
高齢者安心電話相談が、今月からは
東京社会福祉士会が実施主体となりました。

元々、相談は会員が受けていましたので
体制的には問題はありません。

むしろ、社会福祉士の名称が
またひとつ表に出ることは
喜ばしいことでしょう。

今月の講師です

10月25日のお知らせです。
社会福祉士事務所経営懇談会でお話をさせて頂きます。
詳細はこちらでどうぞ

19回社会福祉士事務所経営懇談会

18回も参加させていただきました。
参加メンバーにご興味のある方はこちらからどうぞ

SHADOWORKS

私の写真があるかも?

テーマ:社会福祉士 - ジャンル:福祉・ボランティア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。