社会福祉総合相談の藤サービス

介護、後見制度、就労相談、資格取得のご相談にも対応致します。 また、福祉に関する事業のご相談もお受け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童養護に関するイベントのご案内

毎年、地域向けで行っている社会福祉士会の地区会のイベントのご案内です。
私も参加予定です。
ご興味ある方は是非お越し下さい。


おおた社会福祉士会主催公開講座のお知らせ
 「社会的養護を、ご存知ですか?
       児童養護施設の当事者からの発信」

日時  平成21年3月7日(土)午後1時30分から4時まで
場所  ダイシン百貨店 3階 大森山王倶楽部
        大田区山王3-6-3
講師  NPO法人 日向ぼっこ 理事長 渡井さゆり氏
諸般の事情により児童養護施設で育った子供は、一定の年齢になると、施設から出て一人で生活を始めます。しかし、そこにはいろいろな問題や困難が待ち受けています。そんな環境の人達のサロン日向ぼっこを主催し, ご自身も当事者であるNPO法人 日向ぼっこの理事長 渡井さゆりさんに、現状と課題をお話いただきます。

参加費  無料 事前申込は不要です。当日会場にお越しください。
問合せ先 おおた社会福祉士会 会長 大川順平
        FAX 03-3280-0482
     おおた社会福祉士会 事務局長 大竹直樹
        メール hca00362@nifty.com

スポンサーサイト

上映会のご案内

知り合いの方からのご案内です。
以下をご確認下さい。


***********************************************************

 ドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」完成記念上映会のご案内

***********************************************************

〇2009年2月22日(日)
 午前の部:開場:10:00 上映:10:30~ 
午後の部:開場:13:30 上映:14:00~

 場所:女性と仕事の未来館ホール TEL:03-5444-4151
     JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分
     地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅A1出口から徒歩1分
    
 入場料:1300円(高校生以下:1000円)予約不要 当日受付にて

<あらすじ>
この映画は一人の猫好きなおばあさんの「不幸な犬猫を減らしたい」という思いから生まれた。頼まれた監督は犬猫の問題にはまったく無知。
そこから犬と猫を取り巻く全国の様々な現場、果てはイギリスや過去に及ぶ、4年近い旅が始まる。
映し出されるのは、犬と猫のかわいい姿だけでなく、行政施設でまもなく殺処分されるという姿、捨てられた命を救おうと奮闘する人々の姿。そして知られざる多くの事実と、浮かび上がる私たち人間の業…。

<作品解説>
日本全国で処分される犬と猫は年間約35万頭。1日あたり1000匹近くが殺されている。そんなかわいそうな姿など見たくない。そう思う方も多いだろう。
確かに本作には、目をそむけたくなるような現実も映し出される。しかし、その姿に涙しながらも、観終えた後は不思議と、救いようのない不快な重さや暗さには引きずられないはずだ。
それには、合間に登場する犬と猫のユーモラスな姿が笑いを誘うこともある。また、淡々とした監督自身のナレーションが観る者の感情を鎮め、困難にめげず活動し続ける人々の生き方が、潰れそうな気持ちを励ます。
動物のことには興味が湧かない、という方もいるだろう。
だが、映画が進むにつれ、本当に見えてくるのは人間の姿だと気づくはずだ。
本作には、感傷を乗り超えて、社会を見つめ直すためのヒントがある。
観終えた後にあなたも、自分にできることを探したい、と思うかもしれない。

<作品データ>
2009年/ハイビジョンビデオ/118分 
企画:稲葉恵子  
監督:飯田基晴
撮影:常田高志・土屋トカチ・飯田基晴
音楽:末森樹
制作:映像グループ ローポジション
助成:芸術文化振興基金
予告編はこちらから!

<コメント>
「命を大切に」と、ごく当たり前のようにいわれます。
一方で、日本では一日に約1000頭もの犬と猫を殺処分しています。
そして、その現状に立ち向かう人々がいます。
私が長年、一人でも多くに伝えたいと心の底から願ってきた現実を映像にしてくれたことに、深く感謝しています。渡辺 眞子(作家)

<問合せ>
映像グループ ローポジション
〒222-0024 横浜市港北区篠原台町36-28-603
Tel&Fax:050-3744-9745
E-mail: low-posi@nifty.com
URL: http://homepage2.nifty.com/lowposi/

大田区の情報です

きょうされん30周年記念映画『ふるさとをください』がアプリコで上映されます。
上映に先立ち、大田区の当事者さんが自分の体験をお話してくださいます。
ご興味のある方は是非、ご参加ください。

『ふるさとをください』紹介
脚本 ジェームス三木
監督 冨永 憲治
音楽 小六 禮次郎
あらすじはこちら!

上映会
日時:2月25日(水) 15:00、18:30 (2回公演)
場所:アプリコ小ホール
<一般>前売り 1200円、当日 1500円
<高齢者、障害者、学生> 1000円
<小学生以下Z> 無料

きょうされんのページはこちらから

テーマ:障害者の自立 - ジャンル:福祉・ボランティア

まちづくり活動展覧会

地元の大田区でNPO・区民活動フォーラムが始まりました。
1階ではパネル展示のコーナーもあり、いつもご報告させて頂いております
「大田北高齢者見守りネットワークをつくる会」のパネルもあります!
講座や発表会も予定されています。
ご興味のある方はこちらをどうぞ!

大田区ホームページ

みま~も君のパネルの写真です!
みま~も

テーマ:まちづくり - ジャンル:福祉・ボランティア

第1回 大田区真冬のまちづくり活動『うんどう会』

大田区から、
現在の状況を連絡頂きました。私も推進者のひとりです。
以下の転送をご覧下さい。



区民活動団体の皆様

いつもお世話になっております。大田区区民協働担当です。

来年1月23日から31日にかけて実施する「NPO・区民活動
フォーラム」内区民活動団体オリジナル企画講座の主催者
から、情報提供の依頼がありましたので送信します。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
〒144-8621 大田区蒲田5-13-14 大田区役所本庁舎
大田区 区民生活部 区民・国際交流課 区民協働担当
メール:kumin@city.ota.tokyo.jp
電 話:03-5744-1204
FAX:03-5744-1518
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



■■■
■■  第1回 真冬のまちづくり活動『うんどう会』
■              参加者【追加】募集のおしらせ
【主旨】
 よりよい大田のまちづくりに向けて、1年に一度、互いの活動を
報告し、知り合い、エールを贈り、新しいつながりと活力を得て、
新たな年度を迎えたい。「まちづくり活動 うんどう会」は、そん
な思いに応えた、「まちづくり」に関わる個人・団体・NPO・事
業者等みなが集まり、情報発信・交流し互いの活動をねぎらう場
(フィールド)です。今年度は、大田区役所が開催するNPO・区民
活動フォーラムの一環として開催することといたしました。同
フォーラムで開催される「まちづくり活動てんらん会」に合わせ
「まちづくり活動 うんどう会」と命名しています。
 寒い季節ですが、みなさんと楽しく、元気になる交流・情報交換
ができればうれしく思います。
【日時】2009年1月31日(土)14時00分~20時00分
活動発表(競技)は14時~、15時~、16時~、懇親会で、の4つの
時間帯で行います。


【会場】大田区役所2階会議室 懇親会:区役所2階「レストラン
 ア・ターブル」
【対象】大田区内のまちづくりに携わる方(個人、団体問わず)60
団体・個人程度
*まちづくりとは「まちによいこと」をする活動です。
子育て、福祉、環境、清掃、教育、スポーツ、ものづくりなどまち
にプラスになる活動・事業全てが対象です。個人、団体、営利、非
営利は問いません。(会議室で販売・飲食は不可)
【参加費】無料 ただし懇親会参加者は実費3,000円(飲み放
題!)
【競技のルール】
 競技といっても激しい運動をするわけではありません。発表順番
等を決めるための代表者による簡単なレクリエーションを行いま
す。
 時間帯(14時、15時、16時)毎にグループに分かれて、発表順と
発表時間をゲームで決め、その後各グループで自由に報告・発表を
行っていただきます。発表の持ち時間は最大3分を予定していま
す。(懇親会での発表は懇親会の流れで行います。)
 表現方法は、口頭報告や歌、演劇など自由です。ただし、音響設
備等発表に必要な機材は各自でご用意ください。パネルを展示する
スペースを設けますので、パネルがある方はご用意ください。(B
1パネル1枚以内)
【主催】第1回 真冬のまちづくり活動 うんどう会 実行委員会
【申込方法】 申し込み〆切:12月15日(月)必着
 下記の申込フォーマットにもれなく記入の上、メール:
ana06600@nifty.com(さかいかずえ)まで申し込みください。折り
返し詳細のご案内をさせていただきます。
【申し込みフォーマット】
  (1)団体名:
  (2)団体代表者名:
  (3)レクリエーション競技者名(1名):
  (4)参加予定人数:
  (5)展示パネルの有無:  ・あり  ・なし
  (6)印刷物の配布の有無:  ・あり  ・なし
  (7)発表希望時間帯: ・14時~  ・15時~  ・16時~ 
 ・懇親会で   

  (8)発表予定内容(できるだけ具体的に。どんな内容をどんな
演出でアピールするか?):
  (9)懇親会参加予定人数:
  (10)活動分野(いずれかに○)
   ・高齢者 ・環境 ・子ども ・障がい者 ・文化芸術 ・
スポーツ ・まちづくり ・総合
(11)区民活動・NPOフォーラム「まちづくりてんらん会」に参加
予定:
・している ・していない (予定している場合はパネルをこちら
で移動させていただきます)

★現時点のプログラム・参加団体(予定・順不同)
14時~(希望)
 (1)コスモスの会
15時~(希望)
 (1)NPO法人大田教育支援の会
 (2)子ども交流センター
 (3)スタジオクラシック
 (4)東京海洋大学「大森 海苔のまちを伝え合う企画」
16時~(希望)
 (1)介護支援研究会
 (2)大田北高齢者見守りネットワークをつくる会
 (3)ハーブ薬膳もえの会
 (4)K&S芸術支援会
 (5)2009国際交流事務局
 (6)大田区ビーチバレーボール協議会
 (7)ひとにやさしいまちづくりを進める大田区民の会
懇親会で~(希望)

時間未定(参加予定含む)
 (1)NPO法人男女共同参画おおた
(2)ハーモニカ・昔のはやり歌
 (3)羽田ビーチクラブ
 (4)こあら村
 (5)NPO法人大森まちづくりカフェ
 (6)NPO法人福祉コミュニティ大田
 (7)勝島運河倶楽部
 (8)(株)緑ドリームズ&プランズ
 (9)NEXPOふれあいネットワーク
 (10)NPO法人大森コラボレーション
 (11)NPO法人城南環境カウンセラー協議会
 (12)メイジャ・マクレ大田
 (13)NPO法人大田・花とみどりのまちづくり
 (14)Challengers lab
 (15)NPO法人おおた市民活動推進機構
 (16)おおたユニバーサル駅伝協会
 (17)わいわいEXPO2009実行委員会
 (18)(株)ケアサービス
 (19)大田NPO活動団体交流会
 (20)NPO法人みんなの家
 (21)文士村まちづくりネットワーク
以上(現時点で33団体)

テーマ:福祉のイベント - ジャンル:福祉・ボランティア

あしたの放映です

あした9日の18時10分からNHKの首都圏ネットワークで
特集として一緒に見守りネットワークづくりを行っている
地域包括支援センターの取り組みが紹介されます。
是非ご覧下さい。
ご参考までにブログをご紹介致します。

包括支援センター

テーマ:地域包括支援センターの話 - ジャンル:福祉・ボランティア

路上生活者関連のセミナーのお知らせ

私が少しだけ参加している会のセミナーのお知らせです。
以下ご確認下さい。

第一回ホームレス問題の授業づくりセミナーのご案内

 いま日本各地で、子ども・若者たちによる「ホームレス」への襲撃事件が起こっています。
 格差と貧困・福祉の切り捨てが進む中、多くの人が安心できる「ホーム」を失い、「ホームレス」となりました。しかし多くの大人は「自己責任だ」「怠け者」という差別と偏見の視線を投げ、それを感じた子どもたちがストレスのはけ口を求めて襲撃しています。学校はこの現状を無視して、授業で取り上げようともしてない・・・このような社会のあり方を変え、あらゆる命・人権を尊重する、「ホームレス」も子どもも若者たちも安心して生きていける社会を実現するためには「ホームレス問題の授業」を至急、教育の現場で実践していくことが必要であると私たちは考えます。
 「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」は、これまで「ホームレス」問題にかかわりながら、支援者、ジャーナリスト、学校教員等、それぞれの立場から学校での「ホームレス問題の授業」に取りくんできた有志の集まりです。私たちは、今、学校で実践したい授業を実施し、互いに分かち合い、その成果を全国に発信するために、第1回の全国セミナーを開催します。
ぜひ多くの方に参加していただきたく、ご案内申し上げます。

主催:ホームレス問題の授業づくり全国ネット
 呼びかけ人:生田武志・北村年子・清野賢司・飯田基晴(映像ジャーナリスト)
 http://www1.odn.ne.jp/~cex38710/class-homeless.htm

日時:2008年11月24日(月・振替休日) 9:30~16:40

会場:豊島区立生活産業プラザ多目的ホール
  (電話:03-5992-7011 東京都豊島区東池袋1-20-15 池袋駅東口下車徒歩5分)


タイムテーブル

 9:30~10:30総会
 10:50~16:40授業作りセミナー
  『数字を足したら100になる』アイスブレイク
  『クイズ・どうして生活しているの?』
   (1)考えてみよう……「カマやん」4コマ漫画から
   (2)How Much?……ラインクイズ
  『なぜ野宿になるの? ~社会の構造を知ろう~』
  『私たちのくらしと‘ホームレス’』
   (1)『何か変だな』フォトランゲージ
   (2)『シェルター建設をめぐって』ロールプレイ
  『当事者に聞いてみよう』インタビュー
  『「ホームレス」襲撃事件はなぜ起こるのか?』
   (1)野宿者を襲う子どもたち
   (2)「なぜ?…野宿者襲撃・いじめ」ウェビング
  『わたしにぼくにできること』ふり返り

<実際にワークショップ形式の授業として行い、申込み先着40名まで「生徒役」で参加できます>

講師
・生田武志 (野宿者ネットワーク 著書『ルポ最底辺―不安定就労と野宿 』ちくま新書ほか)
・北村年子 (フリージャーナリスト 著書『大阪・道頓堀川「ホームレス」襲撃事件』太郎次郎社ほか)
・清野賢司 (東京都教員 NPO法人TENOHASHI事務局長 中学校社会科公民的分野教科書執筆者)
・他に、路上生活当事者・「ホームレス」問題の授業を実践している先生が講師を務めます。

申込み
 氏名・連絡先(できればメッセージも)を明記の上、下記にお申し込み下さい
  メール homelessmondai@yahoo.co.jp
  電 話 090-8795-9499(野宿者ネットワーク)
  FAX 03-3389-0675
 (締め切り/11月20日・木)

参加費 1000円(会場にて集金)

テーマ:私たちにできること - ジャンル:福祉・ボランティア

第2回認知症メモリーウオーク

懇意にさせて頂いております、NPO地域福祉応援団Pネットからのお誘いです。
以下、ご確認下さい。
私も参加の予定です。

 <第2回認知症メモリーウオーク・千葉>のご案内

世界各国で「世界アルツハイマーデー」(9月21日)を記念し、
この日を中心に認知症の理解と、この病気に対する社会への啓発活動などを
目的にパレード等が行なわれています。

昨年、千葉で日本初のパレード「第1回認知症メモリーウオーク・千葉」を開催し、
500人以上の方たちと一緒に県庁から千葉駅近くまでを歩きました。

今年も、「第2回認知症メモリーウオーク・千葉」を
10月13日(祝:体育の日・月)に開催します。
9:30~(受付)10:00(開会)
県庁→千葉銀座通り→中央公園→県庁 (約1.5キロ)を

風船やうちわなどをもって楽しく歩きます。

東京・神奈川・埼玉・茨城の皆さんも大歓迎!!です
ぜひ、一人でも多くの方の参加をお待ちしています。

それぞれのページもご確認下さい。

第2回認知症メモリーウオーク・千葉ブログ

千葉県ホームページ

千葉市ホームページ

なお、当日スタッフとしてお手伝いしていただけるボランティアさんも
募集しています。併せてご協力いただけますようよろしくお願いします。

テーマ:イベントのご案内 - ジャンル:福祉・ボランティア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。